《便利お得情報》地域によって発電量が異なっている

太陽光発電の発電量というのは、地域や屋根の角度、方位、隣地や周辺の建物の影響によって変わってきます。
つまり様々な発電量を変える要因があるために、明快な発電量に関する情報を調べようとしますと結構手間がかかってしまうものです。

 

もしも4kw程度の太陽光発電を設置された時の年間予測発電量というのは、およそ4500kwhから5400kwh程度となります。
これを電気料金として固定買取制度で計算しますと、約17万円〜20万円前後の換算電気料金となるのです。
現代は電気が無いと不便なことばかりであり、停電してしまったことで生命に関わる事態となってしまうこともあります。
いつ起こるかわからない災害時のために太陽光発電の導入をご検討されてみてはいかがでしょうか? 太陽光発電の導入について地域で定期的に開催されているメーカーや電力会社主催の太陽光発電セミナーに申し込みをされると良いでしょう。
貴方が住んでいる地域の太陽光発電の過去データを知る良い機会となることでしょう。



《便利お得情報》地域によって発電量が異なっているブログ:19年06月01日

わたくしの家内の体質に新しい命が授かってから
もうすでに臨月に入り、
いつ生まれてもおかしくない状況にあります。

すでに我が家は、
いつお子様が生まれてくれてもいいように、
臨戦態勢に入っております。

さてさて、
MAXに腹が大きくなっているわたくしの家内…
動くのも一苦労のようです。

「ふぅ…ふぅ…」

でも、2歳の男の子こうちゃんは、
そんな家内の状況を理解できず、
「遊そぼ!」「抱っこ!!」とダダをこねます。

そこで、家内は男の子に言います。

「ごめんね。ママは、いま腹の中に、
こうちゃんのいもうとがいるから、抱っこしてあげられないの。
いもうとが生まれてきたら、また一緒に遊ぼうね」

男の子は、なにかを理解したのか、
家内の腹をナデナデしました。

それからというもの、
男の子は、家内に抱っこを求めたり、
無理に遊ぶことを求めたりしなくなりました。

家内が洗濯物を干すとなると、
男の子は洗濯物を持ってくれます。
家内が床拭きをはじめると、
男の子も同じように床を拭いてくれます。

見よう見まねですが、
男の子なりに家内のお手伝いをしているのです。

きのう、家内を追いかけて走った男の子が、
おもいっきりつまづいてこけてしまいました。

すぅ〜と立ち上がった男の子は、
痛かったのか、恥ずかしかったのか、目に涙をいっぱいためて、
下唇が上唇にかぶせて、泣くのをジッと我慢してました。

家内は、ゆっくりとこしをかがめて、
男の子の目線で優しくこう言いました。

「大丈夫?痛かったね。我慢しなくていいのよ。泣いてもいいのよ」

男の子は大きくゆっくりとうなづいて、大きな声で泣きました。
そして、抱きしめられたその顔は、
だんだんと安堵の表情になっていきました。